予防歯科

皆さんは予防歯科というと、何を想像されますか?フッ素を定期的に塗って歯を強くするとか、歯石を取り除いて歯ぐきの健康状態を維持する、といったところでしょうか。

健康に関心のある方ですと、お口の中や歯の健康状態にも気を使われ、定期的に歯科医院でクリーニング等を受けていただいていることだろうと思います。それはとても素晴らしい事です。痛みが無いのに歯医者にかかられる方は、最近でこそ増えてきましたが、まだまだ少ないと思います。それだけ、患者さんの『痛くなったら歯医者に行けばいいや』『今回はもう痛くなくなったし、忙しいし、また痛みが出たら歯医者に行こう』的な考え方が根強く残っているのだと思います。また、その考え方を変えてあげられない歯科医師にも責任があるのではないでしょうか。

本来、歯はきちんと管理さえ出来れば病気にかかりにくいといわれています。それなのに、一向にむし歯や歯周病はなくなりません。何故でしょうか。やはり、治療中心の診療スタイルが当たり前となっている今、治療がひととおり終わってから予防しましょうといっても患者さんは疲れていると思います。疲れていると受け入れられなかったり、後回しにしてしまいがちです。そして、それを忘れてしまった頃に、また歯や歯ぐきが痛くなって同じ事を繰り返してしまう。しかし繰り返すということは、歯や歯ぐきのダメージは徐々に大きなものとなり、将来的に歯を失ってしまう確率が上がってしまいます。そうなると若いうちは気にならなかった歯の喪失が、年齢を重ねるごとに『あの時に抜かなければ良かった』『忙しいからといってそのまま放っとかなければこんなことには・・・』と後悔される方がとても多いです。

後悔先に立たず、です。頭の中ではわかっていると思います。でも、行動を起こさなければ何も始まりません。

『痛くないのに歯医者に行くなんて』
『むし歯でもないのに歯医者でお金を使うなんてもったいない』の考え方から、

『痛くなる前に歯科衛生士さんのクリーニングを受けよう』
『両親にもらった大事な宝物(歯)をむし歯と歯周病から守ろう』

に変えてみませんか?歯科医院は本来そういうべき場所だと思います。

治療費においても定期健診だけの方が、痛みがある度に治療にかかるよりも長い目で見た場合安く済みます。乳歯の場合も同じです。そして、痛い思い、怖い思いをしなくて済みます。歯を失わないということは、一生自分の歯で美味しく食事も出来ます。美味しく食事が出来れば、病気にもかかりにくくなり医療費も少なくて済みます。いい事だらけだと思いませんか?

歯科医院は自分の健康を守ってくれる楽しい場所なのです。是非そのような考え方をもっていただいて、かかりつけの歯科医院に通ってくだされば患者さんも歯科医師もハッピーだと思います。

虫歯ができる原因は?

皆さんは虫歯ができる原因は何だと思いますか?

甘いもの?虫歯菌?遺伝?

これらはむし歯を作る原因のひとつひとつに過ぎません。虫歯を防ぐには歯について正しく知る必要があります。そこでまず、ナゼ虫歯になるのか?をお話したいと思います。

甘いおやつを我慢したり、一生懸命歯磨きをしても、虫歯菌がたくさんいる人はむし歯になりやすいですし、逆に子供のうちから正しい歯磨きや食生活を身につけ、虫歯菌を退治しておけば甘いものを食べても虫歯になりにくいことがわかっています。
虫歯菌・環境(歯)・食べ物(糖分)・時間

つまり虫歯菌を受け入れる環境(歯)があり、その表面に住みついた虫歯菌が糖分を栄養とし一定以上の時間が経過するという条件がそろってはじめて虫歯になります。だ液の量や質も虫歯になりやすさに影響を与える大きな因子です。

通常口の中はpH7(中性)に近い状態です。ところが食べ物を口にしてから2~3分後には口の中は酸性に傾きはじめます。歯からミネラル分が溶け出すことを脱灰(だっかい)と言います。pH5,5を超えると脱灰が始まります。脱灰はむし歯の前兆です。だ液の力でpHを元に戻そうとします(緩衝能)が、だらだらと食事を続けているとだ液の働きが間に合わず酸性の状態が続いてしまい歯のミネラルが溶け出してしまいます。

特に、おやつであめ玉をずうっとなめているのは虫歯になってくださいと言っているようなものです。あめ玉を食べることが悪いことではありませんが、出来るだけ食事の後にまとめて食べるようにしましょう。

あと、かわいい孫に1個だけと時間を決めずにおやつを与えるおじいさんおばあさん、1個くらいだったら虫歯にならないからアメちゃんあげるね、と気軽に子供達にお菓子を上げる大人たち。子供たちに罪はありません。本当に子供達がかわいいと思うなら、あめ玉も種類(キシリトール)や時間を決めて与えてください。

やまぐち歯科では虫歯のなりやすさを測定するサリバテストを行っています。口の中の菌の数やだ液の出る量や力が測定できます。ガムが噛めれば小さなお子様でも受けていただくことが出来ますし、妊娠中であれば母子感染、家族感染を未然に予防することが可能です。是非ご家族でご自分のお口の環境を確認してみてください。新たな発見があると思いますよ。

極力痛くない治療を行うために、様々なこだわりを持って治療を行っています。

保育士の免許を持ったスタッフがお子様をお預かりします!

最新設備を導入するなど、衛生面に徹底してこだわっています。

診療科目

一般歯科

歯周病治療

予防矯正

予防歯科

矯正歯科

親不知

ホワイトニング

審美歯科

小児歯科

メニュー

求人情報

各種カード取り扱い